こんにちは。カウンセリングサービスの青井あずさです。

いつもありがとうございます。

 

季節はもう秋ですね🌾

私の自宅の周りはもうそろそろ稲刈りの時期です。

 

 

今日は題名の通りなのですが、

夏休みの最後に息子が二回目の家出をしました。

そんなお話です。

(一回目の家出の話はこちらをどうぞ)

 



夏休み中もコロナ関連の注意喚起から、部活動も中止。

息子はほどんと家にいて友達とオンラインゲームしてるか、
お菓子食べてるか、たまにランニング。

私と言えば家業の農家でナスの収穫で忙しく、
カウンセリングの前に休憩しようとすると、
息子が友達とオンラインゲーム上で騒いでいる様子が耳に入ってきます。

そんなことが毎日のように続いていた夏休みの終盤。

息子も長い休みをもてあましていたのでしょう、
ついに親子で言い合いになりまして…とうとう息子が家出しました。

 

そして今回の家出先はおじいちゃんのおうちでした(徒歩2分)

そのことを知って私は深い安堵感を感じました。

今回は遠出じゃなかったという安心感と、もう一つ。

息子にとって信頼できる人が親以外にもいたという安心感です。

だから、
息子が家出先としておじいちゃんのおうちを選ぶほど、
おじいちゃんを信頼していたんだということが、
ものすごく嬉しくて安心感を感じたのでした。
夫も嬉しそうに笑っていました。

お義父さん、息子の受け皿になっててくれてありがとう。

 17

私は結婚して14年になりますが、
まぁ夫の実家とは折り合いの悪い嫁でした。

義父とはお互いに手の出る喧嘩もしましたし、
口喧嘩もひどいものでした。

そんなひどい姿を夫と息子にも見せてきたので、
私の中では大きな罪悪感(悪かったなぁという気持ち)があったのです。

夫にも息子にも悪いと思っていたし、
義父にも「悪いことしたなぁ」と思って
バツの悪い気持ちを抱いていた時間が長かったのです。

 

私が義父の顔を見て話したり、
料理を作って持って行ったり、
息子の学校行事に義父を呼べるようになったのは、実はつい最近のこと。

5年前に義母が亡くなってからなのです。

 

当時のこと(荒れ狂う嫁時代の悪行)は、
自分から架け橋をぶった切ったように感じていました。

自分から繋がりを壊したように思っていたから、
今度は自分から義父に架け橋をかけることは
ものすごく勇気がいることだったのです。

 

「あれだけ暴れた私がどの面下げて義父に優しくできるんだろう」
という気持ちと、
「もう一度繋ぎたい」という気持ちで揺れまくり。

私があの時の私を許さないと、どうしても義父に近付けないのです。

その自分を許していくのが一番大変だったかもしれません。

義父と関わろうとすると

「あれだけ暴れたお前が今更?受け入れられるわけないわ」

という声が何度も聞こえてくるのですよ。

 

義父は割とすぐ私の好意を受け入れてくれてはいたんですが、
私自身が私の暴れん坊時代を許せない間は、
義父とも本当に繋がっている感じはしませんでした。

そんな試行錯誤が約5年。

水臭くても、恥ずかしくても、らしくなくても、でもやってみる。

 

来年は義母の七回忌があるのですが、「お寺どうする?会食どうする?」と義父と夫と話合えるようになる日がくるなんてなぁ、と感慨深い気持ちでいます。


画像1

ご案内可能な時間をお客様に合わせてご案内させてきただきます。 

   <カウンセリング予約センター>
 
 06‐6190‐5131

     受付時間 12:0020:30
   月曜定休(祝日の場合は翌日代休)

青井のカウンセリングとお申し付けください。

 最新のスケジュールはこちら>>>       

 

■オンライン面談カウンセリング(Zoom)の料金

      1時間コース:¥11,500(税込)
      2時間コース:¥23,100(税込)

 

お支払いについて詳しくはこちら>>> 

 

■電話カウンセリング(Zoom可)の料金

初回無料

2回目以降  

      ・4回セット 14,300円(税込)

      ・単発  1回  5,280円(税込)

 

お支払いについて詳しくはこちら>>>


Twitterにて青井の日常もつぶやきます🕊