青井あずさ オフィシャルブログ

心理カウンセラー 青井あずさのオフィシャルブログです。 カウンセラーの観点からの心理分析を行います。

心理カウンセラー青井あずさ(あおいあずさ)
東京地区担当。1978年生まれ。茨城県出身。
夫婦間でひどい問題が起きても、心理学を学んだことで今までの自分の物の見方を変えながら相手を理解することを続けた結果、一人の男性を愛し続ける事ができている。
パートナーシップや家族関係を中心に人間関係の問題全般を扱う。持ち前の感覚と感性を使い、クライアントの繊細な感情を読み取り、表現することに長けている。痛みや苦さを癒した先に見えてくる自己実現までをサポートすることが得意。現在、夫と息子と3人暮らし。
2023年からは神戸メンタルサービスの講師を担当。

カウンセリングはこちらで予約を承ります
<カウンセリング予約センター>📞06-6190-5131 
受付時間12:00〜20:30 月曜定休(祝日の場合は翌日代休)

タグ:夫婦問題

こんにちは。

いつもありがとうございます。

カウンセリングサービス所属・心理カウンセラー青井あずさです。

 

2021年9月のZOOM面談カウンセリングと電話カウンセリングを承ります。

お問合せいただきましたお客さま、ありがとうございます。

大変お待たせいたしました。

 

青井のカウンセリングでは、主に対人関係の悩みを伺うことが多いです。

たとえば…

〇パートナーシップ

(喧嘩が絶えない、分かってもらえない)

〇夫婦の問題

〇子供の問題

〇不倫

〇親戚付き合い

○近所付き合い

○ママ友との関係

 

他にも自分についての悩み

 〇自分を好きになりたい

 〇自分が嫌い

 〇自分を変えたい

 〇自己実現したい

 

面談では1時間・2時間とコースがあります。

イメージセラピー(心理療法)は2時間コースから承ります。

最初にお客さまのお話をじっくりと伺います。

お話の中で浮かび上がってきた心の痛みに対して、イメージを使って丁寧にアプローチしていきます。

 

お電話でお話の場合、

初回は無料でお話いただけます。

 

不安なことがある場合、

青井との相性を見たい、

見立てを聞いてみたい場合、

ぜひ初回無料からからお試しくださいね。

 

 ◆ZOOM面談(1時間、2時間どちらも可)
9/02㈭ 16時、19時、
9/06㈪ 19時、
9/09㈭ 19時、
9/13㈪ 19時、
9/14㈫ 13時、16時、
9/17㈮ 13時、16時、
9/21㈫ 13時、16時、
9/24㈮ 13時、16時、

 

 



◆電話(ZOOM可)
9/02㈭ 16時、19時、20時、
9/03㈮ 15時、16時、
9/06㈪ 19時、20時、
9/07㈫ 15時、16時、
9/08㈬ 15時、16時、
9/09㈭ 19時、20時、
9/10㈮ 15時、16時、
9/13㈪ 19時、20時、
9/14㈫ 13時、15時、16時、
9/15㈬ 19時、20時、
9/17㈮ 13時、15時、16時、
9/21㈫ 13時、15時、16時、
9/22㈬ 19時、20時、
9/24㈮ 13時、15時、16時、
9/25㈯  9時、10時、
9/27㈪ 13時、15時、16時、19時、
9/28㈫  9時、10時、
9/29㈬ 10時、11時、13時、
9/30㈭ 19時、

 


 

 

 

 4

カウンセリングは完全予約制です。

ご案内可能な時間をお客様に合わせて

ご案内させてきただきます。 


   <カウンセリング予約センター>
  
06‐6190‐5131

   受付時間 12:0020:30
  月曜定休(祝日の場合は翌日代休)

青井のカウンセリングとお申し付けください。

  最新のスケジュールはこちら>>>       

 

■オンライン面談カウンセリング(Zoom)の料金

      1時間コース:¥11,500(税込)
      2時間コース:¥23,100(税込)

 

お支払いについて詳しくはこちら>>>

 

 

■電話カウンセリング(Zoom可)の料金

初回無料

2回目以降  

      ・4回セット 14,300円(税込)

      ・単発(1回  5,280円(税込)

 

お支払いについて詳しくはこちら>>


Twitter
にて青井の日常もつぶやきます🕊


こんにちは。

カウンセリングサービス所属・心理カウンセラーの青井あずさです。

いつもありがとうございます。
雨が多い今週、皆さまいかがお過ごしですか。

青井は今週は夏休みを頂戴しております。
来週からまたカウンセリングを再開いたします。
よろしくお願いいたします。



アメブロに記事を寄稿いたしました

アメブロに記事を寄稿いたしました。
私が担当します木曜日のテーマは 「もっとラブラブに」です。
パートナーシップをもっとラブラブにするための考え方を書いていますよ。

先日寄稿したのは 自分の弱みを相手にみせてみよう、
もっとラブラブになるために という趣旨の記事です。

愛される弱さについて記事を書く日がくるとは…
自分の弱さも認め、それも自分の一部といとおしく思えるとは…
弱さを差し出し、愛してもらうを経験する日がくるとは…

以前の自分は
弱み見せないために沢山の鎧を着こんでいたのです。

私にとって弱みを見せるとはすなわち
敗北、負け犬など、ネガティブな気持ちと直結することでした。
一番感じていた大きな感情はみじめさでしょうか。

だから鎧が大好きでした。
どんな服を着て、
どんな化粧をして、
どんなブランドカバンを持って、
どんなブランド靴を履いて、
どんなに自分が強い存在であるか…
ということを誇示していたのですね。

あの時は鎧がアイデンティティでした。
理想の自分がアイデンティティになってしまうと、
理想の自分でないところすべてにバツが付きます。
これが自己否定につながるのですよね。

このときは
「ありのままの自分」という言葉が大嫌いでしたよ(笑)

鎧が大きければ大きいほどに、
実は守らなければならない優しくて繊細な思いを
抱えていることが多いのですけれどね。


8月後半の待機枠をお知らせします

さて、8月後半の待機枠をお知らせします。
ご縁をかんじられましたら、どうぞご利用くださいね。
お待ちしております。

◆電話(ZOOM可)
8/17 ㈫ 19時、20時、
8/18 ㈬ 19時、20時、
8/19 ㈭ 15時、16時、19時、
8/20 ㈮ 14時、15時、
8/23 ㈪ 19時、20時、
8/25 ㈬ 16時、17時、
8/26 ㈭ 18時、19時、
8/27 ㈮ 15時、16時、
8/30 ㈪ 15時、16時、19時、
8/31 ㈫ 19時、20時、

◆面談(ZOOM)
8/17 ㈫ 19時、
8/18 ㈬ 19時、
8/25 ㈬ 16時、
8/31 ㈫ 19時、


4
カウンセリングは完全予約制です。
予約センターにご連絡いただければ
お客さまに合わせた日程でご案内します。

<カウンセリング予約センター>
06-6190-5131
(受付時間 12:00〜20:30 )
   月曜定休(祝日の場合は翌日代休)

 青井の最新のスケジュールはこちら>>>
 カウンセリングのご利用・予約方法はこちら>>>



■オンライン面談カウンセリング(Zoom)の料金

   1時間コース:¥11,500(税込)
   2時間コース:¥23,100(税込)


■電話カウンセリング(Zoom可)の料金
   初回無料
   2回目以降 
     ・4回セット ¥14,300(税込)
     ・単発(1回) ¥5,280(税込)

お支払いについて詳しくはこちら>>>



🕊Twitterやってます🕊
青井の日常もつぶやいていきます。

こんにちは。

カウンセリングサービスの青井あずさです。

いつもありがとうございます。

 

今日は上手く愛せない苦しみについて書いています。

 

きっかけは息子のアレルギー

6月末のこと。

息子が学校でアナフィラキシーショックを起こしたので、
ドクターヘリで病院まで運ばれるということがありました。

 

幸いすぐに処置されたので、大事に至ることはなく、

様子を見るために1日だけ入院。

その後は自宅で療養となりました。

 

アナフィラキシーショックの原因は血液検査をしてもわからず。

運動誘発性のものではないか、という担当医の見立てでした。

 

これといった原因が分からない、
というのはとても不安を感じました。

何が彼のアレルギー反応を起こすか、分からないというのは、
何が彼を脅かすか分からない。
全ての物が怪しく見えてくるわけで‥

 

もともと少し喘息の気があった息子。

けれども最近は元気で健康だと思っていたので、

好きにお菓子やジュースを食べさせていた…

もしかして、私が気を付けていなかったせいかも。

 

怒りの下の罪悪感

それ以来、
私から息子の一挙一動が気になって小言を言ったり、
怒ったり、監視することが増えました。

 

それでも隙あらば、友達とコンビニに行ってお菓子を食べに行こうとする息子。

隙あらば、夜更かししようとする息子。

野菜を食べない息子。

「あなたがそんなんだったら、
 私が全ての調味料をオーガニックに変えた所で、
 全くの無駄じゃないの!」

 (怒り爆発)

 

ある時はアレルギー反応として蕁麻疹がでて、
体がかゆくなり、体をかきむしる息子を見ては

「夜更かししているから、アレルギーが出るのよ!」

 (怒り爆発)

 

 

怒り爆発…ということは、私、罪悪感があるのかも…

 

怒りは、自分で持てないほどの罪悪感を抱えているというサインです。

 

怒りが爆発するくらい、何を感じていたのか自分の心を探ってみると…

 

息子のアレルギーは、

私の作ってきた食事が悪かったのかもしれない。

部屋の掃除が足りなかったのかもしれない。

そもそも、私の体質に似ていることが原因かもしれない。

 

沢山の「自分のせいかも」が過ります。

そして「息子に申し訳ない」という気持ち。

 

私が気を付けていたら、
アレルギーにならなかったのかもしれない。

私に体質が似たせいで、
息子はこれから好きに運動ができないかもしれない。

 

私は、息子のアレルギー反応を「自分のせいだ」と
思っていて、
それを申し訳ない、ごめんね、と思っていたようです。

 

だから、最近は何をつくっても息子の害になる気がして、
ご飯をつくる気力が湧かなかった。

 

そんな気持ちがあるから、
息子をが体を
きむしる姿はまるで
自分が責められるようにに感じていて、
最後自分を責めきれずに怒りが爆発していたようです。

 

私は、
自分のせいで息子が苦しんでいると思っていて、
それに耐えられないんだな。

息子に辛い目に合ってほしくない。

それくらいに、息子を愛していて、
どうにか助けたいと思っていたのね。

息子に健やかに育ってほしい、
運動を好きなだけして生き生きと体を謳歌してほしい。

そんな願いがあったのですが、
それがかなわないように感じていたから、
私は罪悪感を感じていて辛かったのね。

 

私、自分を責めていた。

そうか、なるほど、わかった。

 thistle-3517440_1280

 

一人で抱え込まない、夫に相談だ!

自分の本当の想いに戻れると、なんともホッとする気持ちです。

自分のセンターに返ってきたので、
「じゃぁどうすればいいか」ということを
考える余裕が出てきました。

 

ここで浮かんだ考えは二つ。

一人で抱え込み過ぎている、夫に相談だ。

この怒り爆発、覚えがあるな。

 

の方はすぐに対処できました。

自分を責めてしまっている気持ちを夫に聞いてもらおう。

私一人で抱え込まなくても、夫も一緒に考えてくれる、というのはとても安心感を感じます。

実際に夫に話してみると、

「心配しているのは分かった。

けれども君のせいじゃないでしょ」

と言ってくれ、心の重荷を下ろすことができたように感じました。

あとはちょっと仲良くして終わり。

 

母の怒りの正体…愛せない苦しみ

  の方、この怒り爆発、覚えがあるな…
というのは、私の母の怒り爆発を思い出したのでした。

私も子供の頃はアレルギー体質で、
ひどい小児アトピーがありました。

 

小学校の時は、朝起きると
シーツと枕は、体をかきむしったせいで
血がついて汚れていました。

朝着替えをするときに、
いてしまった傷が衣服と張り付いてしまって、
母はそれをはがしてくれるのですが
私が酷く痛がるのですね。

 

そんな痛がる私に母は「泣くな」といって怒鳴るのです。

母の怒りが朝から爆発するのです。

そのことを思い出していました。

 

当時の私は、怒る母が大嫌いで、
「私は母にも嫌われている」
…と子どもらしい解釈をしていました。

 

けれども、今わかるのは、
その時の母の怒りは、息子に怒鳴っていた時の私の気持ちと
同じだったのでしょうね。

 

「自分のせいで子どもが苦しんでいる。どうにもできない」
と思って怒ってしまう。
自分のせいだと思って怒鳴ってしまう。

 

私の小児アトピーは幼児期から思春期まで結構長い間続きました。

母は怒鳴りながらだけど、そんな私を見続けてくれたのですね。

沢山の自分を責める気持ちを持ちながら、でも一緒にいてくれた。

助けられない苦しみを持ちながら、でも一緒にいてくれた。

どれだけつらかったかなぁ、母の上手く愛せない苦しみは。

 flowers-5383054_1280

お母さん、気持ちを分からなくて嫌ってしまってごめんなさい。

お母さん、ずっと私を愛してくれてありがとう。

 

4

カウンセリングは完全予約制です。

  ご案内可能な時間をお客様に合わせて

  ご案内させてきただきます。 


   <カウンセリング予約センター>
  
06-6190-5131

          受付時間 12:0020:30
 月曜定休(祝日の場合は翌日代休)

 青井のカウンセリングとお申し付けください。

     最新のスケジュールはこちら>>>       

 

■オンライン面談カウンセリング(Zoom)の料金

      1時間コース:¥11,500(税込)
      2時間コース:¥23,100(税込)

 

 

■電話カウンセリング(Zoom可)の料金

     初回無料

     2回目以降  

      ・4回セット 14,300円(税込)

      ・単発(1回) 5,280円(税込)

 

■お支払いについて詳しくはこちら>>>


Twitter
にて青井の日常もつぶやきます🕊


いつもありがとうございます。

カウンセリングサービス所属

心理カウンセラーの青井あずさです。

 

2021年8月の面談カウンセリングと

電話カウンセリングを承ります。

 

青井のカウンセリングで多いのは

●パートナーシップ

(喧嘩が多い、わたしばっかりやっている)

●不倫(誰にも言えない、聞いてほしい)

●子育て(子離れのお話が多いです)

●親戚付き合い

●近所付き合い

●ママ友付き合い

 

他にも自分についての悩み

●自己肯定感を上げたい

●自分を好きになりたい

●自分の好きなことが分からない

●誰にも頼れない、一人で抱え込んでいる

 

面談では1時間と2時間のコースがあります。

お客さまのお話しをじっくりと伺っていきます。

お客さまのペースで進めていきます。

 

青井との相性をみたい、
見立てを聞いてみたいという方は
ぜひ初回無料の電話相談をご利用くださいね。

お待ちしております。

 

 

◆電話(ZOOM)
8/ 2
1920
8/ 3
19時、20
8/ 4
1516
8/ 5
15時、16
8/ 7
16
8/ 9
1516時、19
8/1
7
19時、20
8/18
19時、20時、
8/19
1516時、19時、
8/20
14時、15
8/23
19時、20
8/25
16時、17時、
8/26
18時、19時、
8/27
15時、16時、
8/30
15時、16時、19時、
8/31
19時、20時、

◆面談(ZOOM

8/ 2 19時、
8/ 3
19時、
8/1
7
19時、
8/18
19時、
8/25
16時、
8/31
19時、


4
カウンセリングは完全予約制です。

  ご案内可能な時間をお客様に合わせて

  ご案内させてきただきます。 


   <カウンセリング予約センター>
  
06-6190-5131

          受付時間 12:0020:30
 月曜定休(祝日の場合は翌日代休)

 青井のカウンセリングとお申し付けください。

     最新のスケジュールはこちら>>>       

 

■オンライン面談カウンセリング(Zoom)の料金

      1時間コース:¥11,500(税込)
      2時間コース:¥23,100(税込)

 

 

■電話カウンセリング(Zoom可)の料金

     初回無料

     2回目以降  

      ・4回セット 14,300円(税込)

      ・単発(1回) 5,280円(税込)

 

■お支払いについて詳しくはこちら>>>


Twitter
にて青井の日常もつぶやきます🕊



 


つながりって何よ

つながりって具体的に何でしょうか。
つながりって、自分は一人ではないと思う時に感じないでしょうか。

相手が自分のことをわかってくれた、とか。
相手が自分のことを受け入れてくれたと感じる時。
そんな時に「あーつながってるな」って思えます。

つながりとは、 状態ではなくて感情で感じるもののようですね。
状態でないということの証拠に、
大勢の中にいたとしても、つながりを感じられなければ、
さみしさや孤独感を感じます。

そして、
繋がりたい人とつながりが持てない時、
私達は傷つくようなのです。

たとえば、
夫との間に言葉のやりとりがあったとしても、
それに心が乗っていなければ、つながりを感じられないですよね。

そんな時、言葉はただの記号になってしまい、
言葉のやりとりさえイヤになってしまう。
夫の心の乗っていない言葉に、いちいち傷ついてしまうでしょう。

パートナーはもともと自分が「愛したい人」です。
愛したい人と愛し合えないが故に、私達は傷ついてしまうようです。

だから、夫婦二人でいたとしても、
つながりがなければ、一人でいるよりさみしさや孤独感を感じます。
「つながりの喪失」を感じますから。

二人でいても孤独を感じるなら、
一人でいる方がまだマシに感じて、
物理的な距離を取るってこともあるかもしれませんよね。

こんな風にパートナーとの間につながりが切れている時に、二人の間に問題が起こりやすいようです。


つながりが切れているとは

つながりが切れるとは
「相手にわかってもらっているとは思えない」気持ちです。

そして同時に
「自分が相手を分かろうとは思えない」気持ちでもあるのです。

私達は誰でもが「自分をわかってほしい」と言う思いを持っているものです。

自分が相手にわかって欲しいと思う気持ちの分だけ、 実は相手も自分を受け入れてほしいと思っているのですよね。
忘れがちだけどね。

自分が大変なときだからこそ、
わかって欲しい気持ちが出てきているのに!

相手もわかって欲しい気持ちがあるなんて…
私自分のことで精一杯よ。って気持ちになっても不思議ではありません。
41



つながりをつくる

私達は、「お互いがお互いにわかってくれた、分かり合えた」と感じる事につながりを感じますが、それを感じるには双方の感情のコミュニケーションが必要なのです。

お互いがお互いを理解しようとするためのコミュニケーションです。

自分が相手に受け止めて貰えるかどうか
それよりも「自分から心を開いてつながりをつくる」ことで、相手からの思いを受け取ることができるのです。

自分から与えることで、投影という心の仕組みにより、「相手が実は与えてくれたいたもの」に気付くことがあります。

自分から差し出したことにより、相手からの思いも受け取れる、ということです。

余裕のない時はなかなか難しいものですよね。
どうしたって自分のわかって欲しい気持ちが全面に出てきてしまって、
相手の気持ちを考えることが見えなくなってしまう。

自分がわかってもらってからじゃないと、
相手のことは理解できあいという固い決意がありませんか?
(私はありましたよ。わかってもらうべきは自分!という固い意志)

自分をわかって欲しいのであれば、
相手をわかろうとする気持ちが求められているのかもしれません。

なんで私ばっかり…って思ってしまう場合、ありますよね、あります。
なんで自分からやらなきゃいけないの?って思いますよね、あるある。

目的が「自分を分かってもらう」ことであるなら、
「決して自分からは動きません!」でもいいと思うのです。

けれども目的が「二人の間につながりをつくる」と言うことであるなら…
あなたのリーダーシップが問われているのかもしれませんね。

一人でやらなくてもいい、一緒に前に進んでいきませんか。
「なんで私ばっかり?」っていう気持ちが出てきたら、どうぞお話に来てください。
そういう気持ちはカウンセラーに聞いてもらって。

パートナーとの間に繋がりをもてるようにサポートさせていただきます。
一緒に見ていきましょう。



4
カウンセリングは完全予約制です。
予約センターにご連絡いただければ
お客さまに合わせた日程でご案内します。

<カウンセリング予約センター>
06-6190-5131
(受付時間 12:00〜20:30 )
   月曜定休(祝日の場合は翌日代休)

 青井の最新のスケジュールはこちら>>>
 カウンセリングのご利用・予約方法はこちら>>>



■オンライン面談カウンセリング(Zoom)の料金

   1時間コース:¥11,500(税込)
   2時間コース:¥23,100(税込)


■電話カウンセリング(Zoom可)の料金
   初回無料
   2回目以降 
     ・4回セット ¥14,300(税込)
     ・単発(1回) ¥5,280(税込)

お支払いについて詳しくはこちら>>>



🕊Twitterやってます🕊
青井の日常もつぶやいていきます。


いつもありがとうございます。
カウンセリングサービス所属心理カウンセラーの青井あずさです。


 

休みの日の息子
IMG_3388
 

ゲームばかりしていて、定位置から一ミリも動いていないように見える。

午前中の息子と午後の息子と、全く変わっていないように見えてくる。
 

「だらだらする時間があったら、明日の準備でもしたらどう?」

「ゲームするより、もっと有益なことがあるんじゃないの?」


こんなふうに小言を言って、息子に何かさせようとしてしまいます。

息子がゲームをしている状態が「息子のダメな部分」に感じて、その欠点を補うべく動くように注意をしたくなるのです、私。

 

でもね、子どもに対してイライラする部分って、実は自分自身の欠点と思っているところだったり、自分が気にしているところだったりするのですよ。

イタタ…ブーメランが自分に返ってきました💦

 

このことを自分にあてはめてみると…

私は息子の非生産的な時間に関してイライラしているということは、実は自分に対して休むということを許していなかったかも。

 

私は自分自身に休むということを許可していなかった?

 

そう、人間って活動する分、疲れる生き物です。

どんなに上手く行っている時でも、休むことがなければ気力と体力と回復していきません。

休まなければ、エネルギーの回復はできないのですよね。

 

でも、今の自分では不足だと思っている時って、自分に休むことを許さないのです。

休んでいる自分には価値がない、何かを成し遂げていない自分には価値がないと感じる時、人は働き続ければならない、動き続けなければならないと考えて、休むことを自分に許さないみたいです。
 IMG_3166

そういえば、私の最近の手帳って、仕事と勉強でびっちり埋まってた。

完全オフの日ってこの6か月なかったし、頭の中はいつもカウンセリングのことでいっぱいだったと気付いたのです。

全然休んでなかった!それはエネルギー切れも近い…っていうかエネルギー切れていました。

 

このことに気付いてから、休むということを自分の日々のタスクに入れ込むことにしました。

食べる、寝る、仕事の中に「休む」を入れるのですね。
そうでもしないと意識的には休もうとしないので。

初めは「休み時間」にどうしてもカウンセリングの本を読んでしまったりして、体は休んでいても頭はカウンセリングのことを考えていました。
けれども、友達に会ってただ笑い合ったりしているうちに、思考がカウンセリングから離れる時間ができてきて「休む」ということができるようになってきました。 
 

自分の手帳の中に「休む」を入れ込むことで、どう変わったか。
 
 

息子の何もしていない時間が「息子の回復時間」に見えるようになったのです。

実際ゲームしていている息子に小言をいうのが減りましたね。

ゲームしている息子にイライラする割合が減りました。

全く小言を言わなくなったわけではないけれども、休むのも息子にとって大事な時間、と考えるようになった結果、小言の数が減ったのだと思います。

 

よく考えてみれば、息子だって中学校に上がったばかり。

全てが初めての環境の中で慣れない人間関係に疲れているはず。

すっかり忘れていたけれども、初めての期末試験が終わったばかりだった。

そりゃ頭空っぽにしてゲームに没頭したいときだってあるよね。そうやって思考を休ませているのでしょう。

 

息子にとっても休むの大事だよね。

こんなことを思えるようになったのは、私自身が休みをとって自分自身に余裕が出てきたからこそ、見えてきたことだと思うのです。
「休み時間」を取り入れたことで、気持ちの余裕ができてきて、カウンセリングをするのが以前よりも楽しいと感じています。

 

先日、自分の先生で先輩である方に話しを聞いてもらえる機会を頂きました。 

するとこう言われたのです。

「プロは自分を保つために休むことが必要、休むことも仕事のうち」

自分を保ち、続けていくこと。

燃え尽きてしまっては、続きませんよね。

 

私はアシュタンガヨガというマラソンみたいなヨガの練習生なのですが、ヨガでも体の調子が良いからといって、力任せにアサナをしている時に限って怪我をするのです。

きっと怪我することで強制的に体を休ませていたのかもしれません。

むしろ、絶好調ではない時の方が体と対話しながら丁寧にアサナしている時の方が、深い練習になったりします。

 

自分を休ませることは大切、続けていくために。

休息とエネルギーチャージを意識しています。

力の限りアクセル全開で挑んで燃え尽きることもできるけれども、(それも気持ちよかったけれども…)続けていくためには違うやり方を選ぶときにきているようです。

パートナーに対して、「心配してほしい、気遣ってほしい」と思う時。そのほとんどは「自分はパートナーに愛されていない」と思い込んでいる場合が多いです。

そして、あなたがパートナー間で満たされない思いがあって、カウンセリングにお見えになったとしたら、実はパートナーも同じ分量の苦しい気持ちを心の底で感じているかもしれません、なぜなら二人の間で感情は共鳴するから。

パートナーも苦しい思いを抱えていたとしたら、分かってあげられるのは同じ苦しみを感じているあなただけです。

 

…というのが前回のお話でした。

 


今回は「心配してほしい。気遣ってほしい」とパートナーに感じて苦しい時は、実は「あなたをバージョンアップさせる時」かもしれません、と言うお話です。

 

私は過去、夫と「家を壊すくらいの大ゲンカ」をしていた頃がありました。家の壁には私の拳の形の穴が開いていた頃の話です。

その頃、夫に対してこんなことを思っていました。

 

「夫は私がしてい欲しいことを何一つしてくれない」

「私のしてほしいこととは反対の事をする」

「私の話が伝わらなすぎるので、夫には何かコミュニケーションの問題があるのかもしれない(自分はカサンドラ症候群かもしれないと思っていました)」

 

カサンドラ症候群なのかもしれない…というのは、それくらいに私の事を分かってもらっていない、意思疎通ができなくて苦しいと感じていた、ということです。

 

自分のことをわかって欲しい気持ちが通じない、というのはとても辛いことですよね。

パートナーと一緒に過ごしていても、繋がりが持てないでいるというのは、一人でいる事よりも孤独を感じますし。

二人でいることが苦しみになるとしたら、一緒にいることに絶望や諦めや怒りを感じますよね。

わかります。

ここで感じる気持ちが辛いことは、とてもよくわかりますよ。

 44

 

過去に自分のことを夫にわかってもらえないと苦悩していた時は、私は夫に対して「わかって欲しい、愛してほしい」と心の底から思っていました。

けれども、実は私は「自分のしてほしい愛し方しか受け入れません」と思っていたのです。

 

私のしてほしい愛し方って、言葉にするとこんな感じです。

「私が何も言わなくても、私の考えを全て察して助けてほしい」

「常に優しい言葉をかけて、見守って欲しい、愛していてほしい」

「私の恐れや不安を察して、解消に努めてほしい」

 

…書いていて笑ってしまうのですが、今ならこうつっこむ。

「どこぞの姫か!」

 

いや、今でもこのニーズはないわけではないです。

今でも時々顔出しますよ、特に自分に余裕のない時。

出てきますよね?自分ばっかり頑張ってるのにって時は特に。

 

当時の私は上記のような愛し方しか察知できなかったと言えます。自分がしてほしいことでしか、愛されていると感じられなかったのですね。

 

こういった夫への望みは実は子どもの時の私が親に対して思っていたこととはそっくりそのまま同じです。

子どもの時に親対して思っていた「自分のすべてを察して与えて満たしてほしい」と言う気持ち。

 

これは子どもの時に親に見たいてもらえなかったニーズを、夫に満たしてもらおうと(無意識に)思っていたということなのですが。

 

前述の夫に対するニーズを見てみると、

助けてほしい、わかってほしい、見守ってほしい、解消してほしい

 

という風に、私のニーズを通すことのみが語られているのがわかると思います。

親子関係の時はそれでよかった。

でもパートナーシップというのは大人同士の関係です。

お互いで満たしあう、という関係性です。

私が夫に対して「愛してほしい!」と叫んでいた時、私は果たして夫を愛していたのでしょうか。

ごめんなさい、夫。愛を乞うばかりで私からは愛していませんでした。

 

前日の私のように、自分の愛してほしいやり方しか察知できずに、自分のニーズのみに偏ってしまった時、要するに相手に求めてばかりの時に、二人の関係性は良くない方向に傾きやすいです。

この辺りでカウンセリングにお見えになる方は多いですね。

 

付き合ったばかりや結婚したばかりの時は、自然にできていた「相手にしてあげたい」という与えるということが、長く一緒にいるうちに親へのニーズを投影してしまって、無意識のうちに求めるばかりになってしまうのかもしれません。

 

こんな時には、子どもの時のやり方をしていることに気付くことが大事。

 

相手に対して、心配してほしい、気遣ってほしいという気持ちが出てきている時は、今のやり方を手放して、新しい見方をする時かもしれませんよ。あなたのバージョンアップが求められているのです。

 22

新しい見方とは、大人同士満たしあうための視点。

あなたが苦しくてカウンセリングに見えた、ということは、あなたのパートナーも同じような苦しい気持ちを抱えているかもしれない、ということ。

その苦しみはパートナーであるあなたしか見てあげられないのです。

まずはあなたの苦しい気持ちを使って、パートナーを理解するという所から始めてみるといいかもしれません。

一緒にパートナーシップであなたからできることを見ていきませんか?


4

     カウンセリングは完全予約制です。

ご案内可能な時間をお客様に合わせて

ご案内させてきただきます。 


   <カウンセリング予約センター>
 
 06-6190-5131

 受付時間 12:0020:30
  月曜定休(祝日の場合は翌日代休)

    青井のカウンセリングとお申し付けください。

 最新のスケジュールはこちら>>>     

 

■オンライン面談カウンセリング(Zoom)の料金

      1時間コース:¥11,500(税込)
      2時間コース:¥23,100(税込)

 

■電話カウンセリング(Zoom可)の料金
              初回無料

2回目以降  

      ・4回セット 14,300円(税込)

      ・単発(1回) 5,280円(税込)

お支払いについて詳しくはこちら>>>


↑このページのトップヘ