青井あずさ オフィシャルブログ

心理カウンセラー 青井あずさのオフィシャルブログです。 カウンセラーの観点からの心理分析を行います。

心理カウンセラー青井あずさ(あおいあずさ)
東京地区担当。1978年生まれ。茨城県出身。
夫婦間でひどい問題が起きても、心理学を学んだことで今までの自分の物の見方を変えながら相手を理解することを続けた結果、一人の男性を愛し続ける事ができている。
パートナーシップや家族関係を中心に人間関係の問題全般を扱う。持ち前の感覚と感性を使い、クライアントの繊細な感情を読み取り、表現することに長けている。痛みや苦さを癒した先に見えてくる自己実現までをサポートすることが得意。現在、夫と息子と3人暮らし。
2023年からは神戸メンタルサービスの講師を担当。

カウンセリングはこちらで予約を承ります
<カウンセリング予約センター>📞06-6190-5131 
受付時間12:00〜20:30 月曜定休(祝日の場合は翌日代休)

カテゴリ: 自分を好きになる

こんにちは。カウンセリングサービスの青井あずさです。

いつもありがとうございます。

 

私は自己嫌悪に関してはかなり研究をしてきた方です。

カウンセリングの得意ジャンルに「自分を好きになる」をあげているくらいですから、結構やってきた方だと思います。

そんな自己嫌悪に詳しい私ですら、かなわない自己嫌悪の権威がいます。

私の母です。

今日は「母の自己嫌悪を受け継いだ私、でも受け継いでいたのは実はそこではなかった」というお話です。

pexels-photo-807598 - コピー


続きを読む

こんにちは!

カウンセリングサービスの青井あずさです。

いつもありがとうございます。

 

前回は、自分の特性としての敏感さ・繊細さを「痛み」としているときは

ご自分の魅力まで隠してしまっているかもしれませんよ、

というお話でした。(こちらをどうぞ)

今日は、隠してしまったかもしれない才能・魅力について。

特性を痛みとせずに自分の感覚を大事にしていくこと。

自分が感じることを一番大事に扱っていくことで、

痛みと共に隠してしまった魅力が顔を出してくるかもしれない!

そうしてご自分でその魅力を自覚なさった時から

あなたの魅力や才能というのは、さらに花開いていくようなのです。

今日はそんなお話しです。
113


続きを読む

こんにちは!

カウンセリングサービスの青井あずさです。

いつもありがとうございます。

 

今日は繊細さや敏感さによって悩み、自分を責めている人へのカウンセリングについてお話します。

 

繊細さん、敏感さんのネガティブな側面から、それが隠している素晴らしい可能性についてまでのお話ししていきますよ。

 

61

 

ここ最近のことですが、

感覚が鋭かったたり、共感応力が高い人のことを

敏感さん

繊細さん

HSPHSS

エンパス

という風に言われることがあります。

これはその人の特性を表す言葉です。


続きを読む

こんにちは。カウンセリングサービスの心理カウンセラー青井あずさです。

いつもありがとうございます。

 

私は30代の後半まで、自分の人生を生きているという実感はありませんでした。

「何だか他の人の人生を生きているみたい」

「目に見えるものが全てにモヤがかかっているみたい」

「自分の気持ちがわからない、ましてや自分のやりたいことなど

そんな気分で毎日をただやり過ごしていました。

そしてなんとなく毎日が退屈。

心の中はいつも退屈とめんどくささを感じていました。
4

続きを読む

カウンセリングサービスの青井あずさです。

いつもありがとうございます。

今日は頑張り屋さんについて。

 

カウンセリングでは、クライアントさん自身の問題についてお話していただくのを聞いているうちに、この人は本当にがんばってきたのだなぁと感じることが多いです。

そしてこういいます。

「ずいぶん頑張ってきましたね」

でも頑張ってきた人ほど、こう言います。

「私そんな頑張ってません」

とお答えになる確率、高いです。

いやいや。

そんな人こそ、頑張り屋さんだと私は思いますけど!

超頑張り屋ですけど!

 

たいていこの頑張り屋さんというのは

成果の出ていない自分の頑張りを頑張りとは認めない

というポリシーをお持ちです。

成果が出ていないから、自分は頑張っていない。

むしろもっと頑張らなければ

と思っている方が多いのですが…

はっきりいって、それ「頑張りすぎ」ですよ!

ストイックすぎませんか。

どこまで頑張るつもりだ!と突っ込みたくなるほどです。

 

このようなクライアントさんとお話した時に私が考えることは、こんな感じ。

この人は、その成果のためにどれだけの時間を費やしてきたんだろう。

どれだけの心のエネルギーを費やしてきたんだろう。

どれだけひとりで取り組んできたんだろう。

よくあきらめなかったなぁ。

この気持ちをずっと抱えて、「成果を出すまでは」と頑張って努力をつづけてきたんだろうなぁ。

本当に頑張ってきたすごい人だなぁ。
17

このような方がいらっしゃったときに、こちらが提案するのは

「たとえ成果が出ていなくとも、その費やしてきた心のエネルギー、時間、あきらめなかった自分を承認してあげませんか?」

ということです。

すると、多くの方はこう言います。

成果の出ていない自分は認められない、と。

かつての私も言うでしょう。

このダメな自分を隠したくて頑張ってきたのに、どこを認めろと?()

成果の出ないことを頑張りとは認めない「めちゃくちゃ頑張り屋さん」にとって、それを認めるのは、実はものすごい勇気のいる事だと私は感じています。

なぜかというと、

成果の出ない頑張りを自分で認めてしまったら、

それにまつわる悔しい気持ち、失敗感、惨めさ、弱さまで全部自分だと認めなくてはいけないような気がするから。

出来なかったけれども、ベストを尽くした、

そう思うには、失敗感込みで自分を認めなくてはいけなように感じるから。

これが本当に辛い。

だって理想の自分でいたかったから。

理想をめざすうちは、失敗はないことにすればよかったから。

ありのままの自分なんてほんとにちっぽけで、それを隠すために努力してきたのに、今までの頑張りってなんだったんだという気持ち。

理想が、頑張ることが、アイデンティティだったのに、それ取ったら何が残るんだろう…みたいな。

今までの頑張りが否定されるように感じてしまいますよね。

でも、この辛さを越えて、ありのままの自分を認められたら。

私がクライアントさんに対して思っているこの言葉

「どれだけの心のエネルギーを費やしてきたんだろう。

どれだけひとりで取り組んできたんだろう。

よくあきらめなかったなぁ。

この気持ちをずっと抱えて、「成果を出すまでは」と頑張って努力をつづけてきたんだろうなぁ。

本当に頑張ってきたすごい人だなぁ。」

この言葉を自分にかけることができたら。

どんなに報われる思いがすると思いますか。

どんなにホッとする気持ちになるでしょうか。

失敗は怖くないことだとおもえませんか。

自分の未来を信頼できると思いませんか。

 12

良かったらお話を聞かせてくださいね。

4

現在、カウンセリングは電話で行っております

主な待機時間は

平日9時、10時、14時、15時、20時、21時 

ご予約はお電話にて承っておりますので、下記までお問合せ下さいませ。

ご案内可能な時間をお客様に合わせてご案内させてきただきます。 

<カウンセリング予約センター>
  06-6190-5131w

 受付時間 12:0020:30
  月曜定休(祝日の場合は翌日代休)

青井あずさのカウンセリングとお申し付けくださいね。

 

 



↑このページのトップヘ