8C20D979-25B6-42AC-BDC2-E6E19240D3B7


こんにちは。カウンセリングサービスの青井あずさです。


先日の心理学基礎講座「許し」にご参加のみなさま。

お疲れさまでした!講座はいかがだったでしょうか?



参加してくださったある受講者さんから

「青井」の「許しの講座」、怖いわ〜と
ご感想いただきましたが 笑


許しの講座で怖さを感じていただけるということは、それだけ真剣にご自分の内面を見ようと思ってくださっている、と言うことだと思いますよ。ね、勇者のみなさん!


勇気を出してご参加いただきましてありがとうございました。




講座の中でとくに大切に扱ったのは、罪悪感を持つに至った動機です。


愛してこなかった後悔をたくさん溜めると、罪悪感になってしまうけど。


「それって本当に責めるべきことですか?

  自分が悪かったって、それ誤解じゃないですか?」


そんなことを改めて、自分に聞いてもらいました。


そして、罪悪感を投げたのは(投影したのは)自分だってこと。


自分で投げるけど、それを正当化したくて怒りをつかうってことでした。





まとめると、


この罪悪感を持つに至った動機(それ本当に責めること?)と、

罪悪感は持ってるのが辛いから投影しちゃうものなんだけど、それは取り戻そうぜ!


ということになります。


ここが理解できると(納得できると)、許しは進みやすくなります。




ただ、この「愛さなかった罪悪感」が深い場合は、「うまく愛せなかった自分」を深く深く責めているし、そんな罪深自分に自己罰を与えようとして、あえて苦しみを生きようとすることが起きます。



だから、なかなか許しが進まないって場合は、誰かの目を通した自分を見て見てください。


こんなに罪深いと思っている自分ですが、

人から見たらどう見えると思いますか?

それを信用できる人から、教えてもらってください。

その人の目を通した自分の美しさを教えてもらってくださいね。


・ ・ ・



講座の中で、ご質問をいただきました。


お答えさせていただきます。




Iさんからのご質問


許しをするタイミングを教えてください。

自分のカウンセリングでは、父母を許すのは早いと言われるのですが、どのタイミングになると許しの段階に行くのでしょうか。

根本的な解決をしたいので、焦る気持ちになってしまいます。


 ・


Iさん、ご質問をありがとうございました。


Iさん、講座の最初からずっと熱心に取り組まれていましたね。

積極的に参加してくださっているのを感じました。ありがとうございます。

そしてIさんからの、この質問です。

私も心を込めてお答えしていきます。


Iさんがご両親を許したいというその気持ち、素晴らしいです。

自分から「許しに取り組みたい」と言うということは、今までどれだけ頑張ってこられたのかと、勝手ながら思いました。


自分を癒すって、過去の未完了の感情を再体験しますから、しんどいこともありますよね。

きっと担当のカウンセラーさんと共に、ご自分の癒しに真摯に取り組んでこられたんだと思います。


そこで、Iさんに提案です。


担当のカウンセラーさんに、

こんなに熱心に取り組むIさんにとって許しが「まだ早い」と言われる理由を、聞いてみることはできますか?


こんなに熱心に取り組まれているのに、「まだ」と言われたとしたら、少し残念な気持ちをかんじていたかもしれません。

悔しさも感じるかもしれませんね。


でも、勇気をもって担当のカウンセラーさんに「まだ早いのはなぜか」を聞けると、Iさんが担当カウンセラーさんと向き合うきっかけになります。


それはIさんと担当カウンセラーさんのさらなる信頼関係につながっていくのではないでしょうか。


青井から「許しの時期」を一般化してIさんに、今、お伝えしてしまうことは、

Iさんと担当カウンセラーさんがせっかく作ってきた関係性に水を差してしまいかねないのです。


講座でもやったじゃないですか。

パートナーやカウンセラーや上司のような権威のポジションにいる人には、私たちは無意識的に親を投影してしまいがちって。


もし、カウンセラーに無意識に親投影がされているとしたら、カウンセラーさんに向き合うことは、Iさんがご両親と向き合い、許しをすることと同じです。


ぜひ、「なぜ許しが早いのか」を、勇気を持って聞いてみてください。

これだけ真剣に取り組まれているIさんだから、このカウンセラーさんが応えないことはないでしょう。

そしてその理由を聞くことは、きっとIさんの癒しを加速させます。


Iさんのこと、応援しています。

応援を送ります!


すごく良い質問をいただきまして、感謝します。

ありがとうございました。



・ ・




他にもご質問をいただいています。

おまたせしてすみません。

また次回のブログで回答していきますね。

画像1

こちらにお問合せください。
  
 <カウンセリング予約センター>

06-6190-5131

受付時間 12:00~20:30

月曜定休(祝日の場合は翌日代休)