青井あずさ オフィシャルブログ

心理カウンセラー 青井あずさのオフィシャルブログです。 日々、思った事やお役に立てそうな情報を更新していきます。

心理カウンセラー青井あずさ(あおいあずさ)
東京地区担当。1978年生まれ。茨城県出身。
夫婦間でひどい問題が起きても、心理学を学んだことで今までの自分の物の見方を変えながら相手を理解することを続けた結果、一人の男性を愛し続ける事ができている。
パートナーシップや家族関係を中心に人間関係の問題全般を扱う。持ち前の感覚と感性を使い、クライアントの繊細な感情を読み取り、表現することに長けている。痛みや苦さを癒した先に見えてくる自己実現までをサポートすることが得意。現在、夫と息子と3人暮らし。

カウンセリングはこちらで予約を承ります
<カウンセリング予約センター>📞06-6190-5131 
受付時間12:00〜20:30 月曜定休(祝日の場合は翌日代休)

こんにちは。カウンセリングサービスの青井あずさです。

いつもありがとうございます。

 

三回にわたって罪悪感触れてきていますが、ここで皆さまに発表があります。

なんと、なんと、どんなに癒し切ったとしても、人間から罪悪感は無くならないんです!

なぜかというと、罪悪感って日常のほんのささいなことからどんどん生まれていくものだから。

 

私は「罪悪感は無くならないのだ」ということを知ったときに大ショックを受けました。

え?じゃぁ何のために心理学やってんの?って思いました。

 

罪悪感無くならないのに、何のために私たちは躍起になっているのでしょうか。

 

私は「罪悪感と上手く付き合っていくため」だと思っています。

無くならないのであれば、上手く付き合うしかない。

 

だから、罪悪感の出方やパターン、手数を知って、自分で気づいていくことが、上手く付き合っていく方法だなって感じているのですね。今回の罪悪感のパターンは「人と距離をとりたくなる」です。

前回のお話はこちら 人と距離をとりたくなる(2)
hjtij

前回は、罪悪感から人と距離をとりたくなるというパターンに気付いてどう対処するか、次にどのような選択をするのかというお話でした。


今まで通りに、恐れからの選択をすると…

人と距離をとる、結果孤独になる…そのほうがラクであるけれども、孤独になることが自分を幸せにしないのであれば、結果的に自分に罰を与えている行動です。

 

ここでは「今までとは違う選択をする」のを求められるのですが、それってめちゃくちゃ怖いし、勇気がいる事なのですよね。

 

「でも、もう一度つながる」と思って、何度も選択すること。

 

私は上司にこのように言いました。

「ミス、すみませんでした。あとまた手伝わせてください…」

ありふれた言葉であるけれども、めちゃめちゃ緊張するのです。

手汗が止まらないし、上司の顔が見られないし、フロアーの全員がこっちを見ている気がする。

 

結果どうなったか。

上司は「あ、いーよ全然。そしたらこれやっといて。」

普通でした()普通に仕事をふられました。

 image8

今までの私は、顔向けできない気持ちから自分の惨めさに入ってしまって、自分から相手につながっていくということができなくて、結果的に自分に孤独を与えていたのです。それは自分への罰でした。

 

今回の件で、私は自分からもう一度つながりに行き、この後も普通に仕事をすることができました。自分の惨めさを越えて繋がりを選んだのです。

あの時の嘘くさいと思った上司の優しさを受け取り直したのですね。

 

何か自分を責めることがあったとして、人と距離をとりたくなった時や、人からの好意を受け取れないと思ったとき、そんな時は罪悪感かも…と思って、もう一度つながる選択をしてみる、ということを覚えておいていただきたいなと思います。

 

とはいえ、罪悪感を感じた時に引きこもったり、人と距離を置いたりするのは、「心を閉じているから」といえるのですが、心が閉じたのは心の防衛機能です。

 

痛みがあるということは、心を閉ざさるをえない経験があったからかもしれません。

 

人と距離を置くことが自然に感じられるのであれば、痛みから自分を守ろうとしての事なのかもしれません。

 

もう一度つながろうとするとき、痛みがあるならば、どうぞカウンセラーを頼ってみてくださいね。


4

カウンセリングは完全予約制です。
予約センターにご連絡いただければ
お客さまに合わせた日程でご案内します。

<カウンセリング予約センター>

06-6190-5131

(受付時間 12:0020:30 )
  月曜定休(祝日の場合は翌日代休)

青井の最新のスケジュールはこちら>>>   

カウンセリングのご利用・予約方法はこちら>>>

 

■オンライン面談カウンセリング(Zoom)の料金
      1時間コース:¥11,500(税込)
    2時間コース:¥23,100(税込) 

■電話カウンセリング(Zoom可)の料金
  初回無料
      2回目以降 ・4回セット ¥14,300(税込)
           ・単発(1回)    ¥5,280(税込)

 お支払いについて詳しくはこちら>>>

Twitterもやってます🕊
青井の日常もどうぞ


こんにちは、カウンセリングサービスの青井あずさです。

いつもありがとうございます。

 

先日の人と距離をとりたくなの続きです。

 

(1)では、自分を深く責めていると、知らず知らずのうちに人と距離をとってしまうけれども、それって罪悪感の仕業ですってお話でした。

 baby-teddy-bear-cute-39369

罪悪感があると、「人に顔向けできない、申し訳ない」という惨めな気持ちを感じてしまって、結果的自分から人と距離をとりたくなるので、そのことが孤立に向かわせるのです。

人とのつながりを無意識的に切って行ってしまうのです。

 

では、つながりを切りたくなった時はどうすればいいのでしょうか。私の例からお話していきましょう。

 ◇   ◇   ◇

 

私は自分のミスから自分を責めていて、笑顔で助け船を出してくれた上司を遠ざけようとしました。

 

上司の優しい言葉が「自分を馬鹿にしている」とか、「嘘くさい笑顔だ」と感じてしまって、上司からの気持ちをどうしても受け取れなくて、距離を置きたい気持ちになりました。

 

けれども、その時には私は心理学を学んでいたので、自分の「ここから逃げたい気持ち」や「相手に顔向けできない気持ち」が「自分の罪悪感が処罰を要求しているから人と距離をとりたくなるのだ」、と頭ではわかっていました。

 

理屈は分かっていたのです、人と距離をとりたくなるのは、罪悪感だなって。

 

そして、ここで人と距離をとってきた結果が、自分の孤立をつくってきたのだと気付いてもいました。

 

ここで求められているのは

つながりを切る選択(恐れからの選択)ではなくて、もう一度自分からつながりを選ぶこと(愛からの選択)。

 

人の行動の動機は愛か恐れか、どちらかの二択になると言われています。行動動機が愛に基づく場合を「愛からの選択」、行動動機が恐れからの場合は「恐れからの選択」になり、全ての行動の動機はそのどちらかになるのです。

 

この場合の「恐れからの選択」は、「自分がこれ以上傷つかないように、上司とは距離をとること」。

 

そして「愛からの選択」は「自分から上司につながること」。思いをかけてくれる上司の気持ちを受け取って、もう一度自分の方からつながるということです。

 

罪悪感が大きければ大きいほどに、人とのつながりを切りたくなるし、それが自分にとっては自然なことのように感じるのが普通だ、と前回にお話しました。

 

けれども、ここで自分から上司につながりをつくるのが「愛からの選択」だというのですよ!

 画像4

心理学を学んでしまったばっかりに、今回自分は愛からの選択を求められているのだ、と思ってしまったのですが…わかってはいるのですが…

 

「絶対にやりたくない!」と言う気持ちが出てくるのはおわかりいただけますでしょうか。距離取るほうが今まで通り全然ラクなわけです。勝手知ったる孤独、なわけですから。

 

やりたくない!けれども、ここで今まで通りの選択をすることが自分を孤独にしてきたのならば、自分からつながりをつくっていくしかない。今までとは違う選択をしなければもとのまま。

 

もう一度つながりを選択するには、愛からの選択をするには、少々の意欲がいるのですね。

 

人と距離を取りたくなる(3)へ続きます。

4
カウンセリングは完全予約制です。

予約センターにご連絡いただければお客さまに合わせた日程でご案内します。

<カウンセリング予約センター>

06-6190-5131

(受付時間 12:0020:30 )

月曜定休(祝日の場合は翌日代休)

青井の最新のスケジュールはこちら>>>   

カウンセリングのご利用・予約方法はこちら>>>

 

■オンライン面談カウンセリング(Zoom)の料金

      1時間コース:¥11,500(税込)
    2時間コース:¥23,100(税込)

 

 

■電話カウンセリング(Zoom可)の料金

初回無料
     2回目以降 ・4回セット ¥14,300(税込)

          ・単発(1回)    ¥5,280(税込)

お支払いについて詳しくはこちら>>>

 
✒愛からの選択…葛藤がお判りいただけますでしょうか。
Twitterでは青井の日常もつぶやいています🕊



こんにちは。カウンセリングサービスの青井あずさです。

いつもありがとうございます。

 

こんなことはありませんか?

失敗から自分を責めてしまって、人と距離をとりたくなる時。

そんな時に感じる感情は「人に顔向けできない、惨めな気持ちを感じる」だったりしませんか。

 pexels-photo-3755755

人に顔向けできない、惨めな気持ちを感じるのは心理学では罪悪感と言います。

この罪悪感か持ってくる「人と距離を取りたくなる気持ち」について、どのように対処していけばいいか、私の例を挙げながらお話していきたいと思いますよ。

 
◇ ◇ ◇

私が会社勤めをしていたときの事です。

私はあるミスをしました。

渉外のアシスタントの仕事だったのですが、あろうことか日程をミスしてしまって、初期設定したシナリオから大幅にズレてしまったのです。

幸い工期の前に統括していた上司が気付いてくれたのですが、もう一度工期の組み直しになりました。

私はミスした自分が恥ずかしいし、申し訳ないしで、ミーティングに出ていても、皆さんに合わす顔がなくて、でも惨めさを隠したくて、どんどん仏頂面になっていきました。

私のせいで私の仕事が無駄になった。

顔向けできなくて、情けなくて、惨めで、申し訳なくて。

 

でも、この時に上司が声をかけてくれたのです。

「まぁ、気にせずに。たいしたことないから。次も手伝ってよ」

このように笑顔でいわれたのです。

 

ここで上司の優しさを受け取って「はい、すみませんでした。手伝わせてください」といえればよかったのですが…

 

私はこのように思いました。

「はぁ?大したことないミスだと?

どれだけ頑張ってきたと思っているんだ()

 

たいしたことないミスと言われると悔しい。

上司の笑顔が私を責めている気がする。

そして、そんな嘘くさい笑顔をするぐらいなら、いっそ責めてくれたほういいのに。

そう、「青井は最低だ」と言ってくれた方がすっきりするのに。

 

私は心の中で「ミスした自分」を深く責めていました。

「自分のせいでミスして皆さんに迷惑をかけた、自分はダメな奴だ」と思っているわけです。罪悪感です。

 

心は罪悪感を抱えているのに、上司からの優しい言葉ですよ。

アンバランスなわけです。

 

心は思っていることと、外に見ている物を一致させようとする作用があります。

 hand-523231_1280

私の心が見ている罪悪感(私が悪い)と言う感情と、実際に見ている景色(上司が優しい=私悪くない)が一致しないので、落ち着かないし違和感を感じてしまうのです。

だから、いっそのこと責めてくれればいいのにと思うのです。

責めてくれていたら、ホッとしていたでしょうし、薄暗い安心感(やっぱり私は悪いじゃん)を感じていたでしょう。

 

罪悪感は処罰を要求するのです。

罪悪感は「自分は罰せられるにふさわしい」と思わせ、実際に自分に罰を与えるような行動を自らしてしまうというのです。

 

自分に罰を与えるような行動、私の場合は「分離」です。

周りから見たら、「自分から距離を取っている」ように見えます。

でも罪悪感を抱えている人からしたら「人と距離を取りたくなるのは当たり前の事、抗えないこと」のように感じるのです。

 

本人は「自分は迷惑をかける存在だ」と思っているわけですから、人と距離を取ることは「相手に迷惑をかけないためにやっていること」だったりするわけですから。

 

このような時には、人からの愛や優しさは受け取りにくい状態になります。

たとえば私だったら、上司の笑顔や優しさが、自分の罪悪感故に「馬鹿にしている」とか「嘘や罠」という風に見えてしまうのように。

自分が悪い奴だから、自分に優しさが向けられることが信じられないから受け取れないだけなのですけれど。

自分が惨めで顔向けできない気持ちがあると、人と距離を取りたくなります。そして罪悪感が増えるたびにどんどん孤独になっていくのですね。
このように罪悪感は「人と分離していう」という処罰を自らに与えてしまう時があるのですね。

 

人と距離を取りたくなる(2)へ続きます

4

カウンセリングは完全予約制です。

予約センターにご連絡いただければお客さまに合わせた日程でご案内します。

<カウンセリング予約センター>

06-6190-5131

(受付時間 12:0020:30 )

月曜定休(祝日の場合は翌日代休)

青井の最新のスケジュールはこちら>>>   

カウンセリングのご利用・予約方法はこちら>>>

 

■オンライン面談カウンセリング(Zoom)の料金

      1時間コース:¥11,500(税込)
   2時間コース:¥23,100(税込)

 

 

■電話カウンセリング(Zoom可)の料金

初回無料
     2回目以降 ・4回セット ¥14,300(税込)

          ・単発(1回)    5,280(税込)

お支払いについて詳しくはこちら>>>

 
✒今日は割と暗い話ですが…
Twitterでは青井の日常もつぶやいています🕊



こんにちは。カウンセリングサービスの青井あずさです。

いつもご覧いただき、ありがとうございます。

 pexels-photo-1067194

本日の心理学サロン第7章すべてをてにいれてもいい~エディプスの呪いを解く~

ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

お会いできて、本当に嬉しかったです。

今回のグループワークも沢山の気付きを頂きました。

 

面白かったのは、エディプスコンプレックスについて、集合無意識として皆が持っているのであれば中学生の保健体育の教科書に載せてはどうか。あるいはNHKで特集してはどうか。と盛り上がったところです。絶対そのほうがいいよね~
「セクシャリティと罪悪感はセットになるの普通だから!それが人の業だから」と教えてあげたい、あの時の私に…


また、グループワークで私の「エディプスからのひっかかり」を皆さんに聞いていただきました。

私の手に入れたいものはライフワークとパートナーシップどっちも!でした。

ライフワークに取り組めば、夫を手放さなければと思っていたところがあるのです。

仕事で成功したら、夫は離れていくって思っていたのです。
(夫が必要としているのは夫に尽くす女性だと思っていた)

私、意外にも昭和な考え方をしていましたね。

 

皆さんに私が「ライフワークとパートナーシップ」どちらも手に入れた所を見てもらったとき、めちゃくちゃテンションが上がりました~

みなさんがくれたビジョンは全部メモっておきましたよ。ありがとうございます。

 

このグループの方からのフィードバックについて、乗れない方もいたと思います。

モヤモヤすんな~とか、あなたに何がわかるのよ?とかね。

(過去の私がいいそうなことを書いてみましたよ)

 

このモヤつきこそが、「全部を手に入れる時の抵抗」でしたね。

エディプスの呪い「好きな人には愛されないもん」という思い込みが抵抗してくるわけですよ。

この抵抗に気付くのって、めっちゃくちゃ大事!だと私は思っています。

 

私は心理学サロンの「親密感の恐れ」の回でもそうだったのですけどね。

「これが私の親密感への抵抗のか!」とか「このモヤつきは私の場合のエディプスの呪いかも」と、一回でも抵抗を自覚しておくといいんですよ。

 

すると、次回この感じがどこかで出てきて、イヤ~な気分になりそうになった時に

「ムムっ、この感じはいつぞやの抵抗では…?ということは、この嫌な感じは私の『親密感の恐れ』か!」

って気付くことができるのですよ。

自分の思い込みから来る物の見方に気付けるのです。

 

気付けるとめちゃくちゃ楽になります。

人のせいにして苦しまなくてよくなるから。

 

抵抗を感じた方、その感覚を覚えておいて。ぜひ気付きに使ってみてくださいね。

次回もお会いできることを楽しみにしていますね。

 

 4

カウンセリングは完全予約制です。

ご案内可能な時間をお客様に合わせて

ご案内させてきただきます。 


   <カウンセリング予約センター>
 
 06-6190-5131

 受付時間 12:0020:30
  月曜定休(祝日の場合は翌日代休)

    青井のカウンセリングとお申し付けください。

 最新のスケジュールはこちら>>>       

 

■オンライン面談カウンセリング(Zoom)の料金

      1時間コース:¥11,500(税込)
      2時間コース:¥23,100(税込)

 

■電話カウンセリング(Zoom可)の料金

初回無料

2回目以降  

      ・4回セット 14,300円(税込)

      ・単発(1回) 5,280円(税込)

お支払いについて詳しくはこちら>>>



      🕊Twitter始めました🕊
      青井の日常もつぶやきます



こんにちは。カウンセリングサービスの青井あずさです。

いつもありがとうございます。

4月、新年度が始まりましたね。

青井家では息子が学校を卒業、今期から中学生になります。

昨年の息子は母の身長を越して、東京まで家出を決行しました。

そのお話はこちらをどうぞ

 

今年は何が起こるのかなー(ちょっとわくわくしています)

私も前に進んでいきたいと思います。

 

さてさて、明日4/3()に池尾家オンラインセミナーが開催されます。

お申し込みと決済の締め切りが本日4/2の午後3時までとなります。

 

 

今回の池尾家では、このような宿題がだされているんです。

効果的にセミナーを受けていただくためのホームワーク

以下の内容について当日、あなたなりの答えをお持ち寄りください。

Q1:あなたが「弱み」と感じているものは何でしょう。

Q2:あなたが「見方を変えたい」と感じている具体的な事例は何でしょう。

<例>

・八方美人と言われて嫉妬されるのですが、見方を変えるとどうなりますか?

・職場の上司がウザい!と感じていることって変えられるの?

・彼がすごく上から目線なのだけど、見方を変えると感じ方も変わる?

・やりたいことを仕事にしたいと転職活動をしているけど、なかなか見つからない。これって見方を変えると解決しますか?

 

 

この宿題を見るとわかりますが、「弱み」のとらえ方を変えていきます。

過去の私であったら「弱み」と言う文字が出てきただけで、倦厭していたかもしれません()

しかし、弱みを味方にします。

自分では欠点と思っているところを、強み(魅力や才能)に変えてしまうのです。

見方をかえることによって。

 

これがなされたときって、自分では「自分責め」の対象であったところが、自分のマルなところに変わってしまうので、自己愛が上っていきます!

 

セミナーは

「見方を変える心理学」 レクチャー

「教えて!池尾家QA

「千里の部屋」 誘導瞑想

「フォーカスセッション」 公開カウンセリング

などの内容なのです。

 

私は受講生であった時代から池尾家セミナーを受けてきたのですが、

過去の私は「千里の部屋」というコーナーで、心の甲冑を外されました。

自分が甲冑を着て、何を守ろうとしていたのかに触れることができたのです。

池尾千里カウンセラーの女性性の威力はものすごいなと実感したのですよ。

池尾夫妻の暖かさも感じてみてくださいね。

 

新年度、新しい流れに乗っていくために。

お会いできるのを楽しみにしています。


8c234a5c-s

◎日時:2021年4月3日(
    10:0018:00

◎講師:池尾昌紀池尾千里

◎ゲストカウンセラー(五十音順) 青井あずさ・河合一孝松尾たか

◎料金:18,700円(税込)
*通常の1DAYワークショップ「22,000円」のところオンライン1DAY特別価格でご提供中です!

*オンラインセミナーの参加手順(お申し込み・決済方法)については
「カウンセリングサービスWEB・オンラインイベント/ワークショップのご案内」
をご覧ください。

<申込みフォーム(1DAY用)>

<決済カート>
*料金は事前決済制です。従来のワークショップとはお申し込み・決済方法が異なりますのでご注意ください。

*お申し込みと受講料の決済は「セミナー前日・4/()15:00が締切」となります。 

こんにちは。カウンセリングサービスの青井あずさです。

いつもありがとうございます。

 

今回は弱みを「強み、才能、魅力」にしていけるセミナーについてです。

そして仕事やパートナーシップに新しい流れを呼び込みます。

見方を変える事で、あなたの人生をより良いものに変えるためのセミナーです。

 

心理学に出会う前のわたしにとって、弱みとは
「絶対見せたくないもの、隠さなきゃいけないもの」でした。

だから、弱みを隠すために甲冑を着込んでいました。

 

甲冑を着込って、自分を偽る努力をしていたってことなんですけどね。

弱みを否定して、強くなるための努力を沢山してきたんですが…

 

心理学を学び始めて、気付くのです。
「弱さがあるのはあたりまえのこと」
「弱さを認められてこそありのままの自分を生きれる」
ということに気付いたときの衝撃…

 

え?甲冑いらなかったの?

この甲冑がすごいってことが私のアイデンティティだったのに、がっかり…

 

でもこの甲冑を手放して、自分の弱さを見ていくと、
弱さの良い面に気付いていくのですね。
弱さは才能の原石であったということに気付いていきます。

 

私はここが大好きです。

自分の甲冑を手放すときは、自分のやってきたことを否定するように感じてがっかりしましたが、その先、弱さが自分の才能の原石と気付いたときの喜びとわくわく感!
ひっくりかえります!
自分のを見るのもわくわくするし、人のをみるのもめちゃ楽しいです。

ぜひ皆さんにも体験してほしいです。

 

最初は恥ずかしかったり、信じられない気持ちもでるかもしれませんけど、一人でやらずに皆で見ていくというのは、心強いものですよ。

 

もともと自分が持っているものではあるのですが、その見方を変えるという時には、ちょっと人の手を借りてもいいですよね。

自分ではそう思えなくても、人から言われると「そうかも…」って納得するときあるし。

s

そして「見方を変える」ということは、
別の言い方では「誤解を解く」ということでもあります。

 

自分の人生において誤解を解くということは、
私の場合は「自分よりも上の世代(親の世代)を赦す」ということでした。

私の場合の赦しのお話はこちらをどうぞ。

 

 

私は母を赦し、義母を赦したことで、自分の人生がいままでとは違う流れになったことを実感しています。

 

わたくし青井もゲストカウンセラーとして参加させていただきます。

お会いできるのを楽しみにしております。

 

【池尾家・オンライン心理学セミナー】

「見方を変える心理学 
 ~弱みを味方に、仕事・パートナーシップに新しい流れを~」

8c234a5c-s
日時:2021年4月3日(
    10:0018:00

講師:池尾昌紀池尾千里

ゲストカウンセラー(五十音順) 青井あずさ・河合一孝松尾たか

料金:18,700円(税込)
*通常の1DAYワークショップ「22,000円」のところオンライン1DAY特別価格でご提供中です!

*オンラインセミナーの参加手順(お申し込み・決済方法)については
「カウンセリングサービWEB・オンラインイベント/ワークショップのご案内」
をご覧ください。

<申込みフォー(1DAY用)

<決済カート>
*料金は事前決済制です。従来のワークショップとはお申し込み・決済方法が異なりますのでご注意ください。

*お申し込みと受講料の決済は「セミナー前日・4/()15:00が締切」となります。 



こんにちは。カウンセリングサービスの青井あずさです。

いつもありがとうございます。

 

カウンセリングで伺うことが多い事例として

「パートナーを疑ってしまう」という、というのがあります。

パートナーの気持ちが信じられなくて、疑ってかかってしまうというご相談です。

pexels-photo-6788919

疑ってしまう気持ち

たとえば、

彼が他の子を好きになるんじゃないかって気が気でないから、彼が飲みに行くって言うだけで心配になってしまって、「いまどこ?」っていう確認のLINEをしてしまうとか。

彼が信じられなくて彼が飲みに行った次の日、携帯をこっそりチェックしちゃう、とか。

不安と心配で心もとなくて、何かせずにはいられなくて、ついついいろいろしてしまう時のあの気持ち。

本当は何度もLINEしない方がいいってわかっているのに、どうしてもしてしまって、後からそんな自分に自己嫌悪を感じる。

自分ではどうにもならないような気がして、すごく辛い気持ちですよね。
(わかる~!やっちゃうよね、でもやっても辛いんだよね。)

 

パートナーに疑いをもってしまうというのは、「彼が私から離れていくのではないか」という心理からきているようです。

 

彼はきっと私から離れていく。

私は彼にふさわしくない。

彼は私以外の人をきっと好きになる。

 

自分の心の中をのぞいたときに、ほんの小さな出来事がこの思い込みによって、彼がいなくなってしまうという不安と恐れを強化するようなのです。

 

だから、この「彼が離れてしまうんじゃないか」っていく気持ちに囚われると、彼を放したくない、と思ってしがみついてしまうのです。


疑いがあると、相手の愛も受け取れない

この「彼が私から離れていくのでは?」という思い込みがあるとさらに弊害があるのです。

それは「彼の愛を受け取れない」ってこと。

彼がどれだけ愛してくれていても、愛を疑っているから、受け取れないのです。

「裏がある」と思ってしまうのです。

 

彼が良いホテルを予約してくれた…もしかして体目当て?と思ってしまう。

彼が贈り物をしてくれた…何か後ろ暗いことがある?やっぱり浮気してる?と思ってしまう。

こうなると、彼からのまごころだったとしても受け取れないので、ますます愛情の循環が上手く行かなくてストップしてしまうのですね。

もったいない!

彼があなたを喜ばせようとしたことだとしても、あなたの疑いがある限り「全部裏があるのでは?」という思いからスルーしてしまうのです。

 

彼への疑い=自分への疑い

彼への疑いというのは、心理学的にはこんな見方をすることができます。

ネガティブな自己イメージが相手に投影されておこるもの。

(投影というのは、自分の心の中の思い込みの通りに、世界を見るという心のしくみのことです)

実は「彼を愛せていないのではないかという自分への疑い」を彼に投影して「彼は私を愛していないのでは?私が彼を愛せていないように」と思っているようなのです。
パートナーに見ている疑いは、自分への疑いを相手に映している、というのです。


なぜなら、パートナーは自分の鏡だから。

パートナーに見ている感情は、自分が自分の中に見ているものなのですね。

 

なので、パートナーへの疑いがある時は、心理学的には「自分がパートナーへの愛を止めてしまっている」と考えます。

 

投影を引き戻すと楽になる!

普通は、「彼の行動のせいで、私は不安になっているのだ」と思いがちです。

しかし心の少し深いところでは「自分が愛を止めている」から「相手を疑ってしまう」と言う風に見ていくのです。

これを「投影の引き戻し」といいます。

自分が心の中でかけたレイヤーに気付き、違う物事の見方をしてみることで、自分の気持ちを変化させていくのです。

彼基準だと思っていたことを、「自分の思い込みがあるのかも」と自分の事としてとらえていくのです。

 

これに取り組むと、自分ではどうにもならないと思っていたけれども、自分にもできる事があるかも!と思えるのです。

自分に力が戻ってくるような感覚です。

八方ふさがりの時に、自分にもできる事があるのは、本当にほっとする気持ちです。

 

「自分への疑い」に気付いたら、もう一度パートナーを愛することを選びます。

疑いを越えて、自分が先に愛していくこと。

あなたがどれだけ、パートナーを信頼できるかということです。

ここまで来たら、あの「彼を疑いまくって不安だった」時よりもだいぶ楽になっているはず。

何度も「愛する」って決めて選択していくのです。

 

4
カウンセリングは完全予約制です。

予約センターからお客さまに合わせた日程でご案内します。

<カウンセリング予約センター>

06-6190-5131

(受付時間 12:0020:30 )

月曜定休(祝日の場合は翌日代休)

青井の最新のスケジュールはこちら>>>     

カウンセリングのご利用・予約方法はこちら>>>

 

■オンライン面談カウンセリング(Zoom)の料金

      1時間コース:¥11,500(税込)
      2時間コース:¥23,100(税込) 

 

■電話カウンセリング(Zoom可)の料金

初回無料
      2回目以降 ・4回セット ¥14,300(税込)

         ・単発(1回)    5,280(税込)


お支払いについて詳しくはこちら
>>>

 

🕊Twitterやってます🕊
青井の日常もつぶやきます


 



↑このページのトップヘ